一般社団法人東京安全衛生講習では、特別教育、安全衛生講習に分野を分けて現場で必要となる講習を実施しております。

サイトマップ

東京労働局長登録教習機関 一般社団法人東京安全衛生講習協会

統括安全衛生者責任者教育

統括安全衛生者責任者教育の概要

統括安全衛生責任者とは、「特定元方事業者(建設業及び造船業)の工事現場において、元方事業者の従業員及び関係請負事業者の従業員の作業が同一の場所において行われること(混在作業)によって生じる労働災害防止のために指揮及び統括管理する者」です。
特定元方事業者の従業員と関係請負人の従業員の合計が50人以上(ずい道建設、橋梁建設、圧気工法の特定の仕事では30人以上)の場合、統括安全衛生責任者の選任が義務づけられ、統括管理をおこなう必要があります。
事業者は、これらの現場において統括安全衛生責任者を選任するにあたり統括安全衛生責任者教育を実施することが定められています。

受講資格

統括安全衛生責任者の業務を行うために必要な免許等はありません。

統括安全衛生者責任者教育が必要となる対象者

・統括安全衛生管理業務担当者に選任された場合
・元方事業者(元請け)の工事現場責任者(施工管理)として下請けを統括する場合
・特定元方事業者の従業員と関係請負人の従業員の合計が50人以上(ずい道建設、橋梁建設、圧気工法の特定の仕事では30人以上)の場合

講習詳細

講習料金
料金 ¥14,000

講習スケジュール

現在、定期講習の予定はございません。
出張講習のみ承っております。

出張講習を希望する方はコチラから
10名以上お集まり頂けましたら、全国何処へでも出張承ります。
 

カリキュラム

区分 講習科目 時間
学科 建設業の労働災害と問題点 1時間
特定元方事業者の責務等について 3時間
労働衛生管理、統括安全衛生管理の進め方等について 2時間
リスクアセスメント(危険性又は有害性等の調査と低減措置) 1時間
合計時間 7時間

PAGE TOP